離乳食進め方 赤ちゃん

離乳食を始めるポイント

 

子供の成長過程は、一人一人異なります。
ですので同じ年の子供がいたとしても、同じ時期に離乳食を開始るとは限りません。
あくまでも、子供の状態に合わせて行うようにしましょう。


 

離乳食は、育児本などによると約5・6ヶ月から離乳食開始となっていますが、赤ちゃんの様子を見ながら始めていきましょう。

 

 離乳食を初めてもよいかな?と思うポイント

・首がすわり、手を添えるとお座りが出来る
・よだれが増え、大人が食べているものを見て口をモグモグさせている

 

このような様子が見られたら、離乳食を始めても良いかもしれません。

 

しかし、これはあくまでも目安と考えてください。
赤ちゃんの体調や、ママの体調が不調な時などは避けましょう。

 

ゴックン期は、今までママの母乳やミルクだけの飲み込むだけで、舌の動きも前後のみの動きです。
ですので、ポタージュのように水よりも少しとろみのある感じの物を食べさせてあげましょう。
初日は、1日1回スプーン1杯から始めます。
味やスプーンの感触などに、慣れさせるようにしましょう。
また、初めて食べさせた日は赤ちゃんに体調の変化がないか様子を見ましょう。
まだまだ、母乳が主体のゴックン期ですので焦らずに進めていくようにしましょう。

ステップアップのはいつ頃から?

モグモグ期は、だいたい8ヶ月頃で離乳食を開始してから、だいたい3ヶ月後位です。
ですので、離乳食を5ヶ月から始めたのであれば、7ヶ月頃という事になります。

 

モグモグ期では、1日2回の食事へと増えていきます。
今までの1日1回の食事量を、2回に分けるように与えてあげるようにすることで、腸への負担を軽くします。
またこの時期に、タンパク質の摂取を開始していきますが、野菜よりもアレルギー症状を起こしやすいのでスープから始めるようにしましょう。
卵や牛乳などは1歳以降、大豆製品などは10ヶ月以降に開始すると良いかもしれません。

 

カムカム期は、1日3回の食事になります。
朝・昼・夜と食事の時間を決めて、食べさせてあげるようにしましょう。
また朝食は、消化酵素の分泌能力が高い9時までに済ませるようにするのが理想的とされています。
バナナをつまんだ感じ、指でつまんで潰せるくらいの固さが赤ちゃんも食べやすいでしょう。
この時期になると、スプーンを持ちたがり自分で食べようとしますが、食べる量よりもこぼす量の方が多いので、赤ちゃんに持たせるスプーンと別なスプーンでママが食べさせてあげるようにしましょう。
手づかみで食べれるメニュうーも、取りいれるのも良いかもしれませんね。

 

このように、離乳食の進め方を簡単に説明しましたが、あくまでも参考程度にし赤ちゃんの様子やそしゃく機能の状態などを見ながら離乳食を進めて下さい。

 

離乳食の進め方 - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?関連ページ

離乳食とは
赤ちゃんにとって母乳やミルク以外の味を知る離乳食。そもそも離乳食って何だろう?
離乳食レシピ
子供の離乳食つくりに頭を悩ませているママはいがいと多いものです。 そこで離乳食つくりのヒントを教えます!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれない、という悩み
毎日の離乳食作りって大変ですよね。頑張って作った離乳食も赤ちゃんが食べてくれないとなると、悲しくなってきます。赤ちゃんが離乳食を食べてくれないって時に読んでみてください!
【離乳食の悩み】野菜を食べてくれない
野菜を食べさせたらべーと出してしまう。。。野菜を食べてくれないという離乳食を食べさせているママの悩みは多いものです。

このページの先頭へ戻る