赤ちゃん 卒乳

飲む動作から食べる動作への変わる時期

大人の私たちが、普通に行っている「食べる」という動作は産れた時からできた事ではありませんよね。
幾つかの過程を経て、行える動作とも言えます。

 

赤ちゃんが産れてまず最初に口にするのは、母乳やミルクなどの「飲む」という動作。
その後、飲むという事から「食べる」という事への変わる期間を「離乳食」と言われています。

 

ミルクや母乳では補えない栄養を、離乳食によって補充しそれと同時に、「噛む」「飲みこむ」という動作を学習する事でもあります。
他に、味覚や食感などの発達も促していきます。
離乳食初めてというママも、本を見たり、ママ友に聞いたりしながら、離乳食つくりを頑張っているのではないでしょうか?
離乳食つくりは難しいと、思われているママさんも多いかもしれません。

 

また、離乳食をいつから始めたらよいの?
と思われるママさんも多いのですが、だいたい5ヶ月を目安に始めます。
赤ちゃんの状態などに合わせて、必ず5ヶ月という訳ではありません。
早くて、4ヶ月頃から始められる方もいますし、遅くて7ヶ月という場合もあります。

 

よく、育児本などを見てその通りに行うけれども上手くいかない、と悩んでいるママさんもいらっしゃいますが、育児本はあくまでも参考です。
赤ちゃん全員がその通りではないのです。


食べることは楽しいと教える

 離乳食で一番大切な事は、「食べることは楽しい」という事を赤ちゃんに思わせることです。

 

最初は味付けのしていない、トロトロのお粥などを1さじ食べさせてあげましょう。
その後、様子を見ながら少しずつ増やしていき、慣れてきたらお粥以外の果物や野菜なども少しずつ食べさせます。
豆腐や白身魚など、アレルギーが心配な場合は1さじから始め様子を見ます。
離乳食を食べさせている時は、ゆっくりと赤ちゃんの様子を見ながら食べさせます。

 

また、離乳食を始めたころは便秘になりやすいと言われます。
便の水分量が減ることにより便秘になりますが、そのまま離乳食を進めていくと母乳やミルクなどの乳類以外の食品に慣れると、便通も良くなってきます。
気になる場合には、バナナやサツマイモなど食物繊維の多い食材または、乳酸菌を多く含む食材を食べさせてあげましょう。
麦茶や白湯などを飲ませ、水分を補う事も必要です。

 

子育ては、子供と一緒にママも成長させてくれます。
赤ちゃんの成長は、一人一人違いますので焦らずゆっくりと子育てを楽しんでくださいね。

 

離乳食とは - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?関連ページ

離乳食の進め方
離乳食を開始したけど次へのステップアップはいつ頃なんだろう?そんなママの悩みを解消します!
離乳食レシピ
子供の離乳食つくりに頭を悩ませているママはいがいと多いものです。 そこで離乳食つくりのヒントを教えます!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれない、という悩み
毎日の離乳食作りって大変ですよね。頑張って作った離乳食も赤ちゃんが食べてくれないとなると、悲しくなってきます。赤ちゃんが離乳食を食べてくれないって時に読んでみてください!
【離乳食の悩み】野菜を食べてくれない
野菜を食べさせたらべーと出してしまう。。。野菜を食べてくれないという離乳食を食べさせているママの悩みは多いものです。

このページの先頭へ戻る