離乳食 悩み

離乳食 記事一覧

離乳食とは - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?

大人の私たちが、普通に行っている「食べる」という動作は産れた時からできた事ではありませんよね。幾つかの過程を経て、行える動作とも言えます。赤ちゃんが産れてまず最初に口にするのは、母乳やミルクなどの「飲む」という動作。その後、飲むという事から「食べる」という事への変わる期間を「離乳食」と言われています。ミルクや母乳では補えない栄養を、離乳食によって補充しそれと同時に、「噛む」「飲みこむ」という動作を学習する事でもあります。他に、味覚や食感などの発達も促していきます。離乳食初めてというママも、本を見たり、ママ友に聞いたりしながら、離乳食つくりを頑張っているのではないでしょうか?離乳食つくりは難しい...
続きはコチラ

離乳食の進め方 - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?

子供の成長過程は、一人一人異なります。ですので同じ年の子供がいたとしても、同じ時期に離乳食を開始るとは限りません。あくまでも、子供の状態に合わせて行うようにしましょう。離乳食は、育児本などによると約5・6ヶ月から離乳食開始となっていますが、赤ちゃんの様子を見ながら始めていきましょう。 離乳食を初めてもよいかな?と思うポイント・首がすわり、手を添えるとお座りが出来る・よだれが増え、大人が食べているものを見て口をモグモグさせているこのような様子が見られたら、離乳食を始めても良いかもしれません。しかし、これはあくまでも目安と考えてください。赤ちゃんの体調や、ママの体調が不調な時などは避けましょう。ゴ...
続きはコチラ

離乳食レシピ - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?

今ではいろいろなベビーフードがたくさん販売されています。外出の時など、それらを利用しているというママはたくさんいらっしゃいますし、離乳食はベビーフードを使用しているというママもたくさんいらっしゃいます。確かに、赤ちゃんの好みの味付けやいろいろな野菜をペースト状にして、とても便利なものとなっています。ですが、毎日ベビーフードは意外と家計にも負担をかけてしまうもの。ちょっとした手間で、簡単に離乳食を作ることができます。やっぱりママの手作りは、一番ではないでしょうか。しかし、離乳食を作る時間がない!レパートリーに困るというのも、実際に作ってみて悩みの種でもありますよね。また、栄養面を考えて色々な食材...
続きはコチラ

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない、という悩み - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?

母乳やミルクなどから栄養を摂取してきた赤ちゃんは、それだけでは栄養が不足してしまうので、食材により不足した栄養を補充するために離乳食を行います。この離乳食はスプーンなどの道具を使い、食材の味や食感を知っていく成長の過程でもあります。また、初めての離乳食の場合はママも頑張って離乳食を作ります。ですが、せっかく作った離乳食を食べてくれない・・・なんて事もあります。「どうして食べないの?」「食べさせなきゃ!」という気持ちになりますが、食べない理由は赤ちゃんのその日の状況などにより様々です。この時期がまた大変なんですよね。思ったように食べてくれなかったり、遊び食べがひどかったり・・・。 食べないからと...
続きはコチラ

【離乳食の悩み】野菜を食べてくれない - 赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭に便利な食材宅配は?

離乳食を開始して赤ちゃんもだんだんと、自分好みのものが出てきます。離乳食を食べさせているママ達で、「野菜を食べてくれない!」と言うのが一番の悩みというのが多いのです。ですが、野菜にはビタミンが豊富に含まれているのでどうしても食べさせたい食材の1つでもあります。・ビタミンA・・・皮膚、粘膜、健康を維持(人参・ホウレンソウ)・ビタミンC・・・体の免疫力を高める(赤ピーマン・芽キャベツ)・カルシュウム・・骨、歯を丈夫にする(小松菜・パセリ・オクラ)・鉄 ・・・・・・赤血球をつくる  (枝豆・そら豆・レバー)吸収率の低い鉄は、ビタミンCやたんぱく質などと一緒にとることにより吸収率がアップします。このよ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る